イメージ画像

特許権は知的財産権の一つです。
ゼロから分かる特許の入門講座。

口述試験について

口述試験は、毎年10月中旬~下旬に行われます。

科目は、

・特許法、実用新案法
・意匠法
・商標法


口述対策

インプット

1.基本は条文です。

25年度は、条文の暗唱が求められなかったようですが。
また、いつ条文暗唱を求められるようになるかもわかりません。

例えば、特許法でいえば、

1条の法目的
2条1項の発明の定義
17条の2第1項各号の補正の時期

などは暗唱できるように練習しておいた方がよいでしょう。
また、事例問題に関しても、条文の文言通り言えた方が心象もよくなるでしょう。

2.青本は重要です。

青本は一通り読んでおく必要があります。
法の趣旨、改正の趣旨などは頭に入れておいた方がよいでしょう。

アウトプット

自主ゼミなどに参加して、問答の練習をするのがお勧めです。
自分では覚えたつもりになっていても、実際に言ってみると、しどろもどろになったり、
言葉がでてこなかったり、意外と言えないこともあります。

実際に、口に出して言う練習も必要です。
受験ガイドのページ に戻る。










サブコンテンツ

お問い合わせ

お問い合わせ



このページの先頭へ