イメージ画像

特許権は知的財産権の一つです。
ゼロから分かる特許の入門講座。

短答試験について

弁理士試験の短答試験は、毎年5月中旬~下旬に行われます。

科目は、

・特許法、実用新案法(約20問)
・意匠法(約10問)
・商標法(約10問)
・著作権法(約10問)
・不正競争防止法(約5問)
・工業所有権に関する条約(約5問)


マークシート方式で60問、5枝択一です。

試験時間は3時間30分です。

合格基準は、満点に対して65%が基準となっています(平成25年度)。

短答対策

短答試験に必要なアイテムは?

1.条文
2.過去問集
3.青本
4.判例

各予備校で開講されている入門講座を受講されるのもよいでしょう。


過去問集

短答試験の勉強には、過去問集を使用するのが効果的でしょう。
何度も繰り返し問題を解き、正解率を上げていきましょう。

短答試験について

近年、短答試験が難しくなってきています。

いくつあるか問題が増えたり、新作問題が増えたり、苦戦している受験生も多いのではないでしょうか?

新作問題を突破するには、やはり条文をしっかり身につけることが第一です。
「条文を暗唱できるまで覚えろ!」とまでは言いませんが、
通勤電車の行き帰りなど、日ごろから条文を読む習慣をつけておくことは大切だと思います。
知らない条文、見たこともない条文、意味が分からない条文を少しでもなくすように努力しましょう。
これは口述試験の対策にもなります。

条文の次に大切なのは、やはり青本です。
青本は、必ず一度は精読しましょう。
そして、法の趣旨などは積極的に覚えましょう。
これは論文試験や口述試験の対策にもなります。

過去問を繰り返し解くことも重要ですが、
短答試験は、過去問の(上辺だけの)知識では、突破できない試験になってきています。




受験ガイドのページ に戻る。










サブコンテンツ

お問い合わせ

お問い合わせ



このページの先頭へ