イメージ画像

弁理士試験の受験生必見!
短答、論文、口述試験突破のコツを教えます。

試験情報【過去の記事】

2014年9月19日(金)

さて、来週はいよいよ論文試験の合格発表ですね。
口述試験の練習会や模試なども始まります。
口述模試は、合格発表とともにあっという間に埋まってしまうので、
みなさん予めスケジュールを確認しておいた方がよいでしょう。


2014年7月24日(木)

平成26年7月日に、平成26年度の弁理士試験論文試験必須科目が終了しました。
受験生の皆様、お疲れさまでした。
特許庁より、本年度の論点が公開されています。

また、今週末の7月27日(日)は、論文試験選択科目の受験日です。
みなさん、1時間30分全力投球で頑張ってください。


2014年5月27日(火)

平成26年5月25日に、平成26年度の弁理士試験短答試験が終了しました。
受験生の皆様、お疲れさまでした。
本年度も、いくつあるか問題が多く出題されて、難易度が高かったようですね。
既に特許庁の方から、本年度の問題と回答が発表されています。

短答試験は、弁理士試験の第一関門です。
短答を突破すれば、やっと富士山の5合目に到達です。
みなさん頑張りましょう。
短答試験の合格発表は、平成26年6月18日(水)です。


2014年1月28日(火)

特許庁のHPに「平成26年度弁理士試験受験案内」が掲載されました。
受験願書交付期間は平成26年3月3日(月)~平成26年4月10日(木)までです。
インターネットによる願書請求は、平成26年2月3日(月)~平成26年3月26日(水)
受験生の皆様、願書請求はお忘れなく!


2013年12月4日(金)

今年も残すところ1ヵ月となりました。
もうすぐ、25年度弁理士試験合格者向けの実務修習が始まりますね。
実施期間は25年12月6日~26年3月31日までです。
合格者のみなさん、頑張ってください。


2013年11月21日(木)

先日、平成25年度の弁理士試験の結果が発表されました。
本年度の最終合格者は715人でした。おめでとうございます。
本年度は口述試験の合格率が、前年以前に比べて高かったようです。
口述試験の試験官の雰囲気も、和やかなムードだったようです。


サブコンテンツ

お問い合わせ

お問い合わせ



このページの先頭へ