イメージ画像

特許権は知的財産権の一つです。
ゼロから分かる特許の入門講座。

特許権

 発明とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。

発明について詳しくは、発明ってなに? のページをご覧ください。

 存続期間は、出願の日から20年間です。

実用新案権

 考案とは、自然法則を利用した技術的思想の創作をいう。

実用新案法では、物品の形状、構造又は組み合わせに係る考案を保護対象としています。
なので願書には必ず図面を添付しなければなりません。

 存続期間は、出願の日から10年間です。

意匠権

 意匠とは、物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であって、視覚を通じて美観を起こさせるものをいう。

意匠とは、わかりやすく言えばデザインのことをいいます。
例えば、スリッパのデザイン、イスのデザイン、容器のデザインなど物品のデザインのことをいいます。

 存続期間は、設定登録の日から20年間です。

商標権

 標章とは、文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合をいう。

標章のうち、業として使用されているものが商標です。
商標法では、商標を保護することにより、商標の使用をする者の業務上の信用の維持を図り、
もつて産業の発達に寄与し、あわせて需要者の利益を保護することを目的としています。

 存続期間は、設定登録の日から10年間です。ただし更新することができます。

著作権

 著作物とは、思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。

 保護期間は、原則として、著作者の死後50年間です。

サブコンテンツ

お問い合わせ

お問い合わせ



このページの先頭へ