イメージ画像

特許権は知的財産権の一つです。
ゼロから分かる特許の入門講座。

特許権の有効期限

特許権の有効期限は、出願の日から20年間です。

商標県のように、更新をすることはできません。

20年の期限が過ぎてしまうと、他人もその発明を自由に実施可能となります。
発明者の、写真
第三者の、写真

双方の調和点をとり、出願の日から20年間と定められています。

商標権のように、更新制度を設けてしまうと、特許権者に半永久に独占権を付与してしまうことになり、
技術の進歩という面から、かえって産業の発達を阻害してしまうおそれがあります。


特許権の存続期間が、5年間延長される場合があります。

延長される場合は、

その特許発明の実施について安全性の確保などを目的とする法律の規定による許可その他の処分であって当該処分の目的、手続きなどからみて、当該処分を的確に行うには相当の期間を要するものとして政令で定める者を受けることが必要であるために、その特許発明の実施をすることができない期間があったときは、5年を限度として、延長登録の出願により延長をすることができます(67条2項)。

例えば、薬事法や農薬取締法などによる許可をえるために、特許発明の実施をすることができない期間があった場合には、
5年を限度として、延長登録の出願により延長することができます。
サブコンテンツ

お問い合わせ

お問い合わせ



このページの先頭へ